施設一覧

公益財団法人 新潟市開発公社
スポーツプロモーション課

東京オリンピック2020のバナー

Kametter147更新しました☆

Kametter 改め Tsuritter 147




 




KING OF FISH「真鯛」と山本です。


今年の盆も佐渡へ帰省。

帰省の楽しみは毎年恒例となった義弟2人(二卵性双生児)との船釣り。

今年はタックルを買い揃えて望む釣行。



〇タックル詳細

ロッド:シマノ グラップラーBB B632 NEW!

リール:シマノ グラップラーBB 201HG(左) NEW!

ルアー:鯛ラバ Seafloor Controlアンモナイト コンプリート 100g オレンジNEW!

ライン:PE1.2号 弟のお古

リーダー:不明 弟のお古



〇真鯛の釣り方

真鯛を狙う鯛ラバは着色された重りに釣り針とひらひらしたラバーがついた仕掛けを使います。

フリーフォールさせて着底後に1秒1巻きくらいのペースで巻き上げていきます。

15~20巻きしたらまた落としてを繰り返します。

真鯛は警戒心の強い魚なので下手にアクションをつけると釣れません。

あたりからの即合わせは禁物。真鯛は一度捕食した餌を吐き出しておいしい部分だけを食す性質があります。しっかり捕食したところで合わせを入れます。

叩く引きが真鯛の特徴。フッと浮き上がることもあります。







期待に胸を膨らませいざ大海原へ!



 




天候も良く波風も穏やか。潮も動いてこれ以上無い条件です。

ポイントへ到着し糸を垂らします。


 


三流し目で竿にクンックンッとあたりが!

慎重にあたりを見ながら合わせを入れます。

のった瞬間に強い走り。(この時点で脳汁ぶしゃぁぁぁあああ!)

糸がどんどん出ていきます。

叩く感触に真鯛の期待感が高まります。

格闘すること約5分。

見えたのは白い魚影。パターンホワイト!真鯛です!


 


取り込みを手伝ってもらい真鯛ゲットです。

55センチのナイスサイズでした。



 


この日は55センチを頭に3匹の真鯛を釣り上げました。

タックルを新潮した甲斐がありました。



自然を相手にする釣り。

喰った瞬間の快感とその直後に来る緊張感は唯一無二ですが釣りは殺生。

刺身と塩焼きで美味しく頂きました。



いつも船を出してくれる義弟達には感謝です。

また来年もよろしくお願いします。



最後は真鯛とごタイ面の息子でお別れです。


 



さて次回のKametterは多趣味の平野さんです。

どの引き出しを開けるのか、お楽しみに~。