FACILITY新潟市庭球場

BLOGスタッフ通信

2016/06/14月刊 『TGN』 6月号

はじめまして 新潟市庭球場志苫と申します。記念すべき月刊 『TGN』 6月号を担当させて頂きます。


何はさておき、梅雨の季節となり雨が降る日が多く洗濯物が乾きにくい季節になりましたね。

しかし6月はとてもムードのある季節でもありますね。

紫陽花の花が咲き乱れ、蛙の合唱が木魂する中、June brideでweddingを上げる方も沢山いらっしゃることでしょう。


さて、そんな花嫁、花婿様、ご結婚をされたらお子様が出来た場合「名前」をつける必要がありますね。


「名前」とはおよそその人間の人生・運命を決める大切な身分証明です。

 

今日は私の「名前」と「アイデンティティ」についてお話しましょう。



現代において、メールアカウントを持つ時代です。

プライベート用、仕事用という形で携帯を二つ持つ人も珍しくはありません。


しかしながら、自分の名前を二つ持つのはどういった理由がありますでしょうか?



これには大きくわけて二つのパターンがあります。



一つはSNSなどによる現実社会で関係の薄い不特定多数の人間と関わる際、自らの個人情報を隠すためのニックネームです。



もう一つは芸能人、芸術家、宗教家、小説家、音楽家などの文化人が普段の自分とは違うもう一つの人格を形成するためです。




前者は軽い気持ちで名をつけても特に問題はありません。(無論、個人情報などの責任などに通じる面はありますが・・・。)

しかしながら後者は人格なる人のイメージ、今後の人生の帰路にも影響するともいいきれません。







私はpsycho blood of mineというバンドでベースをやっています。


それは私は音楽というブラグの上を歩いているミュージシャンであり、表現者です。




方や、この庭球場で働いています。



テニス場管理と表現者・・・




つまり人格及びアイデンティティの二つを一つの体に形成する必要があります。

・・・・・・相対する二つの生き方をこの体一つで掛け持つということです。



これは即ち、志苫一人の精神に二人分の負荷をかける事を意味します。


その負荷を減らすため、志苫を「表現者」としての立場を守るため・・・・・・・



本名である「志苫」とはちがうもう一人の自分…「不知火 祇匁」
(しらぬい やすめ)はうまれてきたのです。




それは人格の分別・・・即ちアイデンティティを守りながらを生きてくため。
(決して所謂、精神疾患ではありません。)

志苫を助けるため、





不知火 祇匁は志苫に語りかけてきますよ。



「あんたとわたしは一身一体。だからあんたはわたしでわたしはあんた・・・

同じ血液を共有し、シェアする兄弟として・・・私たちは二人で一人。

二人で、一人を生きていこう」・・・・・・・と。









関係ない話を一つ…自炊するんですが、作りましたのは納豆餃子丼、ぜひ試してください。



最後に私事ですが7月6日CLUBリバーストにてpsycho blood of mineはLIVEやります。
みなさん、来て下さいね!

新潟市庭球場

  • 車椅子専用トイレ
  • 車椅子のまま使用可能更衣室
  • オムツ交換台
  • 授乳室
  • エレベーター
  • 障がい者用駐車スペース
  • 車椅子のまま観覧可能スペース
  • AED

〒950-0101 新潟県新潟市東区江口114番地1
TEL:025-276-8900
FAX:025-276-8902

開館時間

[3月~11月]

月~土曜日:9時~21時30分

日曜・祝日・8月13日:9時~17時

[12月~2月]

9時~17時

休館日

毎月第3木曜日(~13:00)(※13:00~開放いたします)

(大会等により変更になる場合あり)

(祝日の場合は翌平日)

年末12月29日~翌年1月3日

交通手段

[バス]
E80E81
岡山」下車 徒歩5分

主要乗り場→「万代シティ」・「新潟駅前」・「明石一丁目」

[電車]
新潟駅発(JR白新線) 「大形駅」下車 徒歩15分

[車] 駐車場:250台(無料)
竹尾I.Cより約4.3km 逢谷内I.Cより約1.5km(ただし新潟方面からのみ)
姥ヶ山I.Cより約5.3km 新潟空港I.Cより約1.0km

指定管理者 新潟市が設置した「新潟市庭球場」は、指定管理者である
「公益財団法人新潟市開発公社」が管理運営を行っています。

SPONSOR協賛企業

RELATION関連団体・施設

  • AlbirexRC
  • 新潟市文化・スポーツコミッション
  • 新潟市スポーツ協会
  • 新潟県体育施設協会
  • 新潟県障害者スポーツ協会
  • 日本公共スポーツ施策推進協議会
  • SPORT FOR TOMORROW
  • Sport in Life
  • 海と日本プロジェクト
  • 鳥屋野交通公園