FACILITY黒埼地区総合体育館

TOPICSお知らせ

2021/12/23ご利用のお客様よりブログを書いていただきました‼第7弾‼

 

いつも黒埼地区総合体育館をご利用いただき、ありがとうございます。

 

ご利用いただいているお客様より、トレーニングルームについてのブログ(第7弾)を書いていただきました。

こちらにて掲載させていただきます。

 

よ~く4年も続きましたて

                                西区在住男性           

 新しい年が明けると私の黒埼地区総合体育館(通称クロタイ)のトレーニングセンター(同トレセン)通いは5年目を迎えます。通い始めた当初は「1ヶ月も続けば…」と思っていたので我ながらよく続いたなあ、と感心?しています。週3日間程度とはいえ春夏秋冬、特に今のような冬場に出かける際、「今日は寒いし休もうか」と思ったことは1度もありません。どうしてだろう?と私なりに考えてみたらいくつか理由がありました。

  • 「目標」は膝痛を治す

クロタイのトレセンに通うきっかけは膝痛の解消にありました。若気の至りで、妙高山(標高2454㍍)からの下山時に1分でも速く下へと、ドン、ドンと飛ぶように降りたのです。直後は何事もなくてもダメージは徐々に現れ、70歳過ぎての下山の際、膝がガクガクになったのです。そこでなんとか登山を再開したい、の強い思いがトレセンの門を叩いたきっかけです。健康維持、老化防止など何でもいいのですが「目標」は持ったほうがいいと思っています。

  • 「何が何でも」はやめた

 トレセンには月、水、金の3日間を原則にしました。時間は午前9時から1時間半程度。この時、何が何でも月水金にこだわりませんでした。所用で月曜ダメなら火曜、水曜ダメなら木曜、金曜ダメなら土曜に振り替えます。滅多にありませんが、場合によっては午後に回すこともあります。要するに杓子定規に決めつけませんでした。ただ回数を重ねると次第に週3は通わないと身体が運動を求めるかのような衝動も感ずるようになります。不思議ですね。

  • 「検診データ」も背中を

 トレセンでの運動は、大雑把にリハビリと筋肉トレーニングの2つの分野に分けられるようです。病み上がり直後や事故の後などは身体と相談しながらマイペースが一番。慣れた印象のキン肉マンが隣にいても、そのペースに翻弄されないことが肝腎ですね。検診データにもいい影響を与えるようで、私の場合、風邪を引かなくなる、つまずかなくなるといったことや、検診での各種データも劇的改善ではないにしても現状より悪化することはありません。

  • 「心・頭・体」は三位一体

 私の高校時代の大先輩が「ある百歳を軽々と超えた女性に健康の秘訣を聞いたら『そうらね。心と頭と体が別々にならんように心がけることらね』と言われた、と話してくれたことがあります。確かにこの3つは別々のようで実は密接に絡み合っています。トレセン通いを生活のリズムに組み込み、気負わず、無理せず、継続は力なり、のことわざを地道に実践して行きたいと考えています。

黒埼地区総合体育館

  • 車椅子専用トイレ
  • オムツ交換台
  • 授乳室
  • 障がい者用駐車スペース
  • AED

〒950-1112 新潟県新潟市西区金巻746番地1
TEL:025-377-5211
FAX:025-377-5212

開館時間

9時~21時  8月13日:9時~17時

※開館時間・休館日等が変更となる場合もあります。

休館日

毎月第1月曜日 (大会等により変更になる場合あり) (祝日の場合は翌平日)

年末12月29日~翌年1月3日 (12月29日は17時まで臨時開館)

交通手段

[バス]

W8(味方線)黒鳥線

大野新町」下車 徒歩5分

主要乗り場→「青山」・「内野営業所」

新潟駅発高速バス 三条・長岡・巻・弥彦行 「鳥原」下車 徒歩10分

 

[車] 駐車場:140台(無料)、冬期:100台

指定管理者 新潟市が設置した「黒埼地区総合体育館」は、指定管理者である
「公益財団法人新潟市開発公社」が管理運営を行っています。

SPONSOR協賛企業

RELATION関連団体・施設

  • AlbirexRC
  • 新潟市文化・スポーツコミッション
  • 新潟市スポーツ協会
  • 新潟県体育施設協会
  • 新潟県障害者スポーツ協会
  • 日本公共スポーツ施策推進協議会
  • SPORT FOR TOMORROW
  • Sport in Life
  • 海と日本プロジェクト
  • 鳥屋野交通公園