施設一覧

公益財団法人 新潟市開発公社
スポーツプロモーション課

白っプ通信 21杯目

白っプ通信21杯目を担当します土田です。

4月に隣の白根カルチャーセンターから白根総合公園屋内プールへ異動してきました。

よろしくお願いいたします。


7月に入り、暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

関東甲信地方はすでに梅雨が明けたようですが、新潟も梅雨明け間近といったところでしょうか。

私は1人旅や山登りが好きで、いろいろな所に出かける事が多いので、梅雨明けが待ち遠しいです。


さて、今回の白っプ通信は、私が1人旅で訪れた旅先のお気に入りスポットをご紹介したいと思います。

今回訪れたのは、埼玉県川越市です。

川越は「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われるように、

蔵造りの町並みなど、江戸の面影を残した建物が多く建ち並んでいます。

また、昭和の面影を残した菓子屋が建ち並ぶ菓子屋横丁では、昔ながらの駄菓子が楽しめるなど、

川越では江戸~昭和のノスタルジックな雰囲気を感じることができます。


 



様々な魅力がある川越の街ですが、その中でも私がとくにオススメしたい場所は「川越氷川神社」です。

川越氷川神社では、6月になると境内に「かざぐるま」が飾られます。

境内を吹き抜ける風に合わせて回る「かざぐるま」はとても風情があり、夏の訪れを感じさせてくれます。

期間が約1か月と短いので、今までタイミングが合わず、期間中に訪れることができなかったのですが、今回やっと見に行くことができました。


 



今年の「かざぐるま」の期間は終わってしまいましたが、結びの神様として信仰を集める川越氷川神社では、7月から「縁むすび風鈴」という夏限定の祭事が行われます。この祭事は、天の川に恋の願いが届くように、また夜の神社でひとときの涼を楽しめるようにと始められたもので、期間中は神社境内に願い事が書かれた二千個以上の江戸風鈴が飾られます。夜には境内がライトアップされて、幻想的な雰囲気を楽しむことができるのでオススメです。私は昨年の夏に見に行きましたが、神社を散策しながら聴く風鈴の音色は夏の暑さを忘れさせてくれます。風を音で楽しむことができる「縁むすび風鈴」、気になる方はぜひ一度訪れてみてください。


 



梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。皆さんは今年の夏の予定はもう立てていますか?

皆さんも、夏にしか見ることのできない景色や夏にしか聴くことのできない音を探しに、どこかへ出かけてみてはいかがでしょうか?